2007年07月15日

信じられない

人の気持ちも考えられない自分中心主義を極めた人間にはほとほと愛想がつきました
posted by ニックネーム at 02:16| Comment(33) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

最低のお届けもの

ありえないよね続きを読む
posted by ニックネーム at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

放置国家日本

日本は法治国家であるといわれるが、実際は放置国家。続きを読む
posted by ニックネーム at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日で911から5年の歳月が過ぎましたね。

もう5年です。当時私はまだ高校2年だったか1年だったかで、偶然テレビをつけて、愕然としたのを覚えています。

続きを読む
posted by ニックネーム at 01:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

セーフ

最近良く思うんだけど、日本人ってホント迷惑考えないよね。日本人に限らずなのかな??

「ホントに最近の若いのは道端に座ったりして情けないよね〜」って言ってるおばさん達・・・駅のホームまでの改札からエスカレーターまでの道とか、エスカレーターとかはかたつむりのように遅いくせに電車の音がした瞬間に動きが4倍速になる。

で、かけこみ乗車。



で、更に詰めるわけでもなく自分が乗れればそれでいい。入り口をふさぐわけだ。




正直いって、若者若者いうが、あんたらの築いてきた社会は若者のことを言えないほどに腐ってるさ。

基本的に俺は日本人のいわゆる典型的な「おばさん」は大嫌いだ。


あれこそまさに「自分では何もできないし、しないくせにでかい口しかたたかない不良品」


もちろん全員が全員とはいいませんよ。


ただ、かなり問題ある人を少なからず見ることは確かです。


特に最近は悪質かな。

その点若い女性の方がマナーはいいと思います。
まぁ優先席に堂々と携帯使いながらうるさく騒いでる人もいますから一概にそうとも言い切れませんがね。

ただ、そもそもここらへんから日本社会の崩壊を感じませんか??
これはまずいって。

だっておばさん世代もダメ、若者世代もだめ、ましてや引退した高齢者を頼るわけにはいかないでしょ?

最低限のマナーは守るべきだと思うね。

コンビニの前に座り込む学生とかね。

一体どこで、一体どこの世界で座るなら床に座れなんて教えられるんだよ。
小学校にはいすもあって、授業はしっかりいすに座って聞いた記憶しかないのですが。いつから小学校からいすは消えたのですか??もしくは小学校は義務教育ではなくなったのですかね?


どんなに疲れてたって、床は座るところじゃない。
見栄えも悪いし、何のメリットもない。

本人以外はね。っと考えると今の日本社会本当に自分本位にみんなが好き勝手やってて、誰も周りの目を、周りのことを考えてないんじゃないか・・・ってことになる。


私はあまりうるさくいいたくはありませんが、最低限、目に余る行為は慎むべきだと思いますが。

だって、日本って国際社会の一員なんでしょ??外国人がみたらびっくりだよ。その点でも日本って国際社会についていけてないんじゃないのか??

自分が外国人になったつもりで明日一日日本を客観的にみてみよう。風景だけ。おかしなことがいっぱいみつかるのでは?


で、忘れちゃいけないのは、そのおかしな人たちが今、またはこれからの社会を引っ張っていくって事ね。「日本沈没」ってもしかしたら映画じゃすまないかもな・・・
posted by ニックネーム at 13:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

本当にこれでいいの・・・?

今の自分の状況をみてたり、自分の周りの環境をみていてとても思う。


紀子様に男の子が誕生されたことはとてもおめでたいことだと思う。
ただ、それで皇室典範の問題は本当に終わったのだろうか・・・


これはすごく難しい問題だと思います。


ただ、それはあくまで一例にしか過ぎません。



例えば次の総裁戦もあるわけですし、この前のロシアの射撃事件もありましたよね。


各々の問題は全て一つの「日本」の性格につながっています。

一つの問題が解決したからといって事を先延ばしにしてもいずれまた問題として戻ってきます。そして、それは新たな問題を生みます。


日本だけではありません。対テロ戦争の結果イラクはどうなりましたか??


今必要なのは冷静に冷静にこの世間をみること。


最近は若者の殺人事件も後を絶たないすごく恐ろしい時代となってきています。
ただ、どれだけ多くの人が「今の時代はおかしい」と感じているでしょうか?もしおかしいのであれば私達に何ができるのでしょうか?

昨日はニュースで消費者金融の取立ての報道を見ました。

この超低金利の時代に何が利息29.2ですか???

驚きです。


それを容認する国家には呆れてものがいえません。ただ、実はそれは国家のせいでもないんですね。


そんな国家のために私達は何ができるんでしょうか。


議員に立候補することですかね??


けど、それよりまず先に簡単にできることがありますよ。


議員に立候補することはお金がかかりすぎです。

まずは選挙にいくこと。自分の目で、自分の耳でその人がその地区の代表になるにふさわしいかをしっかり判断して、国会に送り込むべきでしょう。


今投票率は最悪ですからね。



投票しないで、投票権を放棄してるくせに「今の日本は・・・」といってる人間は最低です。なんもしないで批判するのは寝ることより簡単ですからね。


今の若者世代がしっかり意識持たないでいったい誰がこの先日本をリードしていくのでしょう??


「誰かがやってくれる」そう思ってる人はとりあえず文句をいう権利はありません。人に任せたのだから黙ってその人についていくべき。

今の日本は批評家は多いですよ。ネット上でも日常でも人の批評批評批評。
あーでもないこーでもない私は〜っと好き放題いってばっか。

自分は何も動かないからね。


その点小泉首相は偉大だと思います。
自分の信念は最後まで貫いてますから。
やるといったことは必ずやります。
今までの歴代首相が恐れてしなかったことも自分がやると思えば自分の価値観にしたがってやってます。

その行動力は偉大ですし、日本の先導者としてふさわしいと思う。


もちろん彼の行動が正しいか正しくないかはそれを受け入れる人間の価値観によりますから人によって賛否両論だと思いますがね。

ちなみに言いますが、あなたがもし小泉さんに反対するなら、彼のことを最悪だと思うなら、冷静に考えてみてください。


小泉さんを首相に選んだのは誰ですか??


その小泉さんを首相にと投票した議員を選んだのは誰ですか??


ここでもいいます、投票権をもっているくせに投票していないあなた、発言権はありません。
でかい口をたたくのは投票してからにしなさい。

人をけなすこと、文句をいうことは寝るより簡単なんです。難しいのはそれを少しでも変えようと努力したり働きかけたりすることなんです。


文句がある人は、人をけなして自己満足するのではなく、自分から少しは動いてみたらどうでしょうか。
posted by ニックネーム at 18:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

mission impossible

旅の途中に旅人から聞いたことがある。この先にはどうやら行き止まりがあるらしい・・・


さぁあきらめて帰るか。



そんなことはするはずがない。


そんなことで引き返すような私ではないよ。



しばらくこのブログは更新しないかもしれない。




いいか、この世に越えられない壁なんかないんだよ。



俺は必ずその壁の反対側に出てみせる。




さぁ、自分の真価が問われるときがきたぞ・・・



ごきげんよう














今後に興味のある人は他のブログを探してみてください。見つかると思いますよ。このバカが何を心の底で考え、行動しているのか、知りたい人間は本人の眼を見てください。私は本当にとんでもないことを考えはじめる人間ですよ
posted by ニックネーム at 01:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

とったら生きていけないもの・・・

かおすちゃんがアニメを取られては生きていけないと読んで、このブログを書いたくまじろうさんのいつかのブログネタをぱくった。

俺は勉強がなくなったら生きていけないとかいうめためたなことをまた書きやがって・・・。


私は何がなくなったら生きていけないですかね・・・


別にラグビーできなくなっても大丈夫だし、テニスできなくても平気だし、フルートがなくても・・・
テレビがなくても・・・アニメがなくても・・・漫画は読まないし・・・



なんですかね・・・







カフェとか??




結構頻繁にいくんだよな。あの雰囲気好きで。





万が一どこかで出くわしても無視しないでくださいね。




草米也さんとか俺のことカフェでみつけたら指差して大声で「プギャ、プギャ」っていいながらブログに

「今日はカフェで誰かを待っている孔徳さんをみた。一体誰を待っていたのだか。テラワロス、テラワロス。これだからな。」


とかいうことを書かれそう・・・


で、カオスちゃんが「うほっ」っとコメント。



かおすは妻持ちのくせに・・・


っと勝手に被害妄想の世界を構築してみた。




で、話はおおずれしたわけで、





俺から何を奪ったら生きていけないか。




まじめに答えます。



やっぱ仲間ですね。
大学に入って友達の大切さを痛感します。
特に高校時代の友達は大事にしたいし、sikidsとか、大学からの友達も必須ですさ。


草米也さんには毎日のようにネタにされますがね。
まるで俺はブログを二つ持ってるみたいに。w




けどまぁなんだかんだいっていいですね。w

仲間がいると人生楽しいです。




っとまあまじめなことを書きましたが、


今日は帰りの満員電車であまりにも疲れていて、たって眠り・・・・


電車のドアのガラスにカルロス・ゴーンといい音をさせてしまいました。


5ヶ月も早い除夜の鐘をつきました。




どうごまかせばよかったんだか・・・

めっちゃ恥ずかしかったのはいうまでもないですね・・・
posted by ニックネーム at 23:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

party

今日は飲み会


楽しい飲み会


草米也さんと、かおすちゃんと、sikidsさん。


いや〜面白かった。久しぶりにはしゃいだ。
一次会は焼肉食べ放題。

皆テンションMaxではじまったわけだが・・・カオスは寝てなかったらしくてぶっ壊れてた。

まぁなんらいつもどおりだけどね。


で、二次会はカラオケ。

ちなみに皆さん眠くて疲れきってたね。

ぜひまたわいわいしたいです。


私のブログで面白いことは期待しないでくださいな。


ぜひ草米也さんのブログをごらんあれ。きっとスパイスがきいてうまいこと書いてくれるんでしょう。w


明日は何をしようかな・・・

久しぶりに時間ができた・・・

やりたいことは山のようにあるんだけどね。

本当にまさに山のように。まさに山。本当に山。

最近は家でおとなしくしてられない症候群。


とりあえずいく当ても無く、朝は早く家を出て、帰りは夜遅くに帰ってくる。

どっか全く知らない駅で降りてみようかな・・・
posted by ニックネーム at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

無題

昨日はサッカー感染にいった。

そうです。
雰囲気に感染してきました。

ではなく、

観戦です。

等々力グラウンドまで。

川崎フロンターレ vs ガンバ大阪


審判はあの上川さんで。


結局試合はフロンターレの逆転勝ち。


誰といったか??


二人で行きましたよ。


誰とか??


内緒です。


じゃなくて


女の子です



ってまたややこしい嘘つくと草米也さんが泣くし、またあそこでネタにされるので本当のことをいうと


高校時代の男の友達です。

家を4時に出て、帰りは12時回ってましたね。



帰りは地元のサイゼで熱いトークをして帰宅。



いろいろ悩めるこの時期っていいですね。


正直大学生って遊ぶための時期じゃないから。
1年のときはいやってほど遊んでる人を見ましたが、・・・
メディアで試験前にトランプしてるとかリアルに勘違いだから。


っとまあ昨日は楽しかったです。

Y、どうもありがとう!



で、今日は午後から(夕方は)草米也、かおすちゃん、sikidsと飲み会。

ちなみにsikidsは初対面。


めっちゃ楽しみだわ〜。


posted by ニックネーム at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。