2006年07月28日

とったら生きていけないもの・・・

かおすちゃんがアニメを取られては生きていけないと読んで、このブログを書いたくまじろうさんのいつかのブログネタをぱくった。

俺は勉強がなくなったら生きていけないとかいうめためたなことをまた書きやがって・・・。


私は何がなくなったら生きていけないですかね・・・


別にラグビーできなくなっても大丈夫だし、テニスできなくても平気だし、フルートがなくても・・・
テレビがなくても・・・アニメがなくても・・・漫画は読まないし・・・



なんですかね・・・







カフェとか??




結構頻繁にいくんだよな。あの雰囲気好きで。





万が一どこかで出くわしても無視しないでくださいね。




草米也さんとか俺のことカフェでみつけたら指差して大声で「プギャ、プギャ」っていいながらブログに

「今日はカフェで誰かを待っている孔徳さんをみた。一体誰を待っていたのだか。テラワロス、テラワロス。これだからな。」


とかいうことを書かれそう・・・


で、カオスちゃんが「うほっ」っとコメント。



かおすは妻持ちのくせに・・・


っと勝手に被害妄想の世界を構築してみた。




で、話はおおずれしたわけで、





俺から何を奪ったら生きていけないか。




まじめに答えます。



やっぱ仲間ですね。
大学に入って友達の大切さを痛感します。
特に高校時代の友達は大事にしたいし、sikidsとか、大学からの友達も必須ですさ。


草米也さんには毎日のようにネタにされますがね。
まるで俺はブログを二つ持ってるみたいに。w




けどまぁなんだかんだいっていいですね。w

仲間がいると人生楽しいです。




っとまあまじめなことを書きましたが、


今日は帰りの満員電車であまりにも疲れていて、たって眠り・・・・


電車のドアのガラスにカルロス・ゴーンといい音をさせてしまいました。


5ヶ月も早い除夜の鐘をつきました。




どうごまかせばよかったんだか・・・

めっちゃ恥ずかしかったのはいうまでもないですね・・・
posted by ニックネーム at 23:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

party

今日は飲み会


楽しい飲み会


草米也さんと、かおすちゃんと、sikidsさん。


いや〜面白かった。久しぶりにはしゃいだ。
一次会は焼肉食べ放題。

皆テンションMaxではじまったわけだが・・・カオスは寝てなかったらしくてぶっ壊れてた。

まぁなんらいつもどおりだけどね。


で、二次会はカラオケ。

ちなみに皆さん眠くて疲れきってたね。

ぜひまたわいわいしたいです。


私のブログで面白いことは期待しないでくださいな。


ぜひ草米也さんのブログをごらんあれ。きっとスパイスがきいてうまいこと書いてくれるんでしょう。w


明日は何をしようかな・・・

久しぶりに時間ができた・・・

やりたいことは山のようにあるんだけどね。

本当にまさに山のように。まさに山。本当に山。

最近は家でおとなしくしてられない症候群。


とりあえずいく当ても無く、朝は早く家を出て、帰りは夜遅くに帰ってくる。

どっか全く知らない駅で降りてみようかな・・・
posted by ニックネーム at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

無題

昨日はサッカー感染にいった。

そうです。
雰囲気に感染してきました。

ではなく、

観戦です。

等々力グラウンドまで。

川崎フロンターレ vs ガンバ大阪


審判はあの上川さんで。


結局試合はフロンターレの逆転勝ち。


誰といったか??


二人で行きましたよ。


誰とか??


内緒です。


じゃなくて


女の子です



ってまたややこしい嘘つくと草米也さんが泣くし、またあそこでネタにされるので本当のことをいうと


高校時代の男の友達です。

家を4時に出て、帰りは12時回ってましたね。



帰りは地元のサイゼで熱いトークをして帰宅。



いろいろ悩めるこの時期っていいですね。


正直大学生って遊ぶための時期じゃないから。
1年のときはいやってほど遊んでる人を見ましたが、・・・
メディアで試験前にトランプしてるとかリアルに勘違いだから。


っとまあ昨日は楽しかったです。

Y、どうもありがとう!



で、今日は午後から(夕方は)草米也、かおすちゃん、sikidsと飲み会。

ちなみにsikidsは初対面。


めっちゃ楽しみだわ〜。


posted by ニックネーム at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

目覚め

今日、ある一冊の本を手にした。

その本は、カバーが紺で、とても立派なものである。


ただ、私にとってはそこにはその本の厚さ以上のものが入っている。


それをあけた瞬間、私には鮮明な記憶だけがよみがえる・・・


もうお分かりだろうか?

それは卒業アルバムだ。



「社会の良識が本校の校則です。」


懐かしい教室、懐かしい校舎、仲間・・・


1枚の写真を見て、驚くほど多くの記憶がよみがえってくる・・・



そして俺は思う。あの学校に行っていて本当に良かったと。


そして、あるとき気づく・・・


その当時と今の自分の違いを・・・


その違いとは何だろうか・・・


大学に入って失うべきものもあるだろう。
ただ、逆に絶対に残しておかなければならないものもある。そして、私は去年それを自分が失ってしまっていることに気づいた。


正直にいえば、あの時代に戻りたい。

戻れなくても、せめて客観的に、自分の中高時代をみてみたい。
あそこでの生活は本当に本当に幸せで、最高のものだった。

もう一度、あの制服をきて、教室に入り、自分の席に座って、授業を受けたい・・・


俺がまだ1年生だったとき、・・・
部室は5年生の教室を使っていて、自分には縁のない教室だ、と思っていた。
周りにいる人たちがまるで大人のように、自分とは全く違うようにみえたのを覚えている。


ただ、もうその5年生すら自分はとうの昔に過ぎてしまったわけだ。


日が過ぎるのは早いね・・・


もう列車は出発した。


俺は、自分の大切な忘れ物を取り戻したわけだし。w
非常に満足しているよ。


この線路の先にあるもの・・・

posted by ニックネーム at 01:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

新たな旅立ち・・・

7月12日

ついにことは始まった。

予想はしてはいたけれど、まさかこんなに早く始まるとは思っていなかった。もう少し余裕があると思っていた・・・。

ただ、自分にとってはとても嬉しいことだ。




ここから新たな旅が始まった・・・







人々はこれを Renaissance とよぶ・・・
posted by ニックネーム at 22:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

十代最後・・・

今年が十代最後の夏休み。


といっても10日間くらいしかないけどね。苦笑

今年もどこにもいきません。


彼女もいませんさ。w



だから一人。



きっと今の自分じゃいても迷惑かけるだけだろうし・・・っと負け惜しみでも言ってみる。w




けどもうやることは決まっている。



今年はきっと遊んでるなんて場合じゃない。別に勉強も大変だけど、もっとしなきゃならんことが・・・



最後の夏休みを最高のものに・・・


posted by ニックネーム at 01:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

いざ旅に

旅に出ることにしました。


自分を見直す旅に。








残念ながらそれは心の旅に過ぎませんが・・・




今の時期に得られるもの、得ているものが、今は無意味に見えるけど、後々すごく意味のあるものになる・・・


その意識だけが今は頼り・・・
posted by ニックネーム at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

生きる

生きることは楽しいこと


毎日毎日見方を変えるといろんなものがみえてくる・・・


見えないものが見えてくる・・・
posted by ニックネーム at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。